スクイーズ、グレン・ティルブルック、クリス・ディフォードの楽曲を語るブログ
by songbysong
当ブログ上の情報、記事の全文または一部の無断転載および配布を固く禁じます。
(C) 2008 THE MUSIC PLANT


●SONG BY SONG執筆者
☆野崎洋子
THE MUSIC PLANT代表。66年生まれ。グレンの2005/06年のプロモーター、「Incomplete Glenn Tilbrook」を発売。実は2004年以前はスクイーズのスの字も知らなかった。現在はクリス・ディフォードのCDも担当。

☆タイコウチ
mixiのクリス・コミュ管理人。63年生まれ。スクィーズとの出会いは、もはや4半世紀をさかのぼるが、FMラジオ(DJは佐野元春さん)で「Vicky Verky」を聴いたとき。

☆当ページでは投稿者を募集しております。投稿してくださる方はどしどしメールください。


●関連商品
Pandemonium ensuesTransatlantic Ping Pong

Incomplete Glenn Tilbrook

South East Side Story

One For The Road



●関連リンク
THE MUSIC PLANT HOME
グレン・ティルブルック
クリス・ディフォード
Glenn Tilbrook
Chris Difford
Squeeze
英文歌詞はこちら
One For The Road

カテゴリ
全体
SQUEEZE
COOL FOR CATS
ARGYBARGY
EAST SIDE STORY
SWEETS FROM A STRANG
DIFFORD AND TILBROOK
COSI FAN TUTTI FRUTT
BABYLON AND ON
FRANK
PLAY
SOME FANTASTIC PLACE
RIDICULOUS
DOMINO
INCOMPLETE GLENN TIL
TRANSATLANTIC PING P
PANDEMONIUM ENSUES
I DIDN'T GET TO WHER
B SIDES AND OTHERS
インタビュー
メッセージ
未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
LITTLE SHIPS
グレン・ティルブルック&クリス・ブレイドというクレジットなので、この曲の作詞はグレンの担当だと思われますが、内容的にも、やがて独り立ちしていく自分の子どもたちへ捧げられた歌として、きっと個人的な思いが込められているのでしょう。息子たちが一人ずつ乗った小さな船の一群が港を出て行くのを、高台から見守っている父親の姿が目に浮かびます。

子どもを持つミュージシャンが、自らの(子育てではなく、その後の)子離れをテーマに歌うというのも、ちょっと珍しいかなという気もしますが、ロックやポップスのソングライティングも、ミュージシャンの年齢が上がっていくとともに、そういう成熟の時代に到達したということかもしれません。

歌詞だけではなく、ゆったりと熟成されたメロディも相まって、アルバムを締めくくるにふさわしい、味わい深い曲だと思います。正確には、この曲のあとに、歌詞のないインストの「TOO CLOSE TO THE SUN」(スパイ映画のテーマ曲みたい?)が続きますが、そちらはおまけのアンコールみたいなものですよね。

タイコウチ


「小さな船団」

小さな船団が船出する、六分儀を太陽に合わせて
人生の厳しさと楽しさについて、きみにはしっかり教えたつもりだ
きみはまもなく命綱から我が身をはずし、ぼくの手から静かに滑りだしていく
きみが生まれ落ちて息をした瞬間から、ぼくは命のかぎりきみを愛し続ける

小さな船団が船出する、海図にはない未知の海域へ
リトル=ボーピープやバーズアイ船長の娘たちに会うのかな
これから何が起こるかわからないが、きみの話はいつだって聞いてあげるよ
さあこれからは、良いことも悪いことも、全部自分で考えて決めることなんだ

デッキの排水口、甲板長、嵐に襲われる港
ボイラーの火はまだ赤く灯り暖かい
配給食はキャビアとクウォーン
きみが誰を好きになったって、自分で選ぶ人なのだから問題ないさ
きみはただ独りで冒険していくんだ

小さな船団が船出する、希望あふれるハッピーエンドに向けて
そのときどきにきみが使うお金は、ぼくたちのものだけれど
出費がいくらかなんて計算したこともない
うれしいけれど、ちょっと寂しくもなるな
でもこれはぼくが渡らなければならない橋のひとつ
さよなら、ぼくの小さな船団よ、さよなら、ぼくの小さな船団よ


*六分儀(sextant):航海時に星の高度を測定する器械
*リトル=ボーピープ(Little Bp Peep):イギリスの伝承童謡で、番をしていて羊に逃げられてしまう女の子の名前
*クウォーン(quorn):キノコからつくられた肉の代用食

(訳:タイコウチ)
[PR]
# by songbysong | 2009-06-25 00:30 | PANDEMONIUM ENSUES
BEACHLAND BALLROOM


タイトルの「ビーチランド・ボールルーム(Beachland Ballroom)」は、アメリカのクリーヴランドに実在するライヴハウスで、どうやらグレンのお気に入りらしく、この歌の内容は、事実上このお店の宣伝になっています(笑)。

お店のHP:
http://www.beachlandballroom.com/

ビーチランド・ボールルームで、「BEACHLAND BALLROOM」を演奏するグレン・ティルブルック&ザ・フラッファーズ:上記映像

ちなみに、この曲のクレジットは、グレン・ティルブルック&スティーヴン・ラージということで、作詞がグレンで、作曲がスティーヴンという分担でしょうか。それとも、こんなにノリの良い曲ですから、案外2人でいっしょになってわっと勢いで作っちゃった、という感じかもしれませんね。

タイコウチ


「ビーチランド・ボールルーム」

どっちを選ぼうかなんて考えるまでもない
ビーチランド・ボールルームか、それともどこか別の店かなんて
マークが受付当番のときは、シンディが店内を担当する
誰もが頭がいかれたみたいに思いっきり楽しめる
マンダレイへ行く道なんて気にするなよ
さあ、めかしこんで、お楽しみに出かけよう

クリーヴランドで遊び場所を探すなら
ビーチランド・ボールルームで決まり
ビーチランド・ボールルーム
ビーチランド・ボールルームなら、とにかく最高に楽しめる

ロックンロール・テーマパークも、閉店するのを望んでいるだろうね
大金をつぎこんだライバル店が街にオープン
マークとシンディの、企業訴訟に対する答えがこれだ
ファンキーな音楽ファンが集まる地元に根づいたこのクラブ
何年か前、ギグの予定に遅れて着いてしまったことがある
ぼくたちのバスが故障して、四苦八苦するぼくは豚みたいに汗まみれ
お客さんが外に出てきて、楽器を運ぶのを手伝ってくれた
そんなことが当たり前に起こる
だからビーチランドが大好きなんだ

でかい奴らが太陽をさえぎって
バーベルを振り回す
だから虹のたもとで光り輝いている
宝物を手に入れるのは難しい

バンドとDJが、2つの部屋でそれぞれ音楽を鳴らし
ジュークボックスでは、いかしたアナログレコードがかかってる

ビーチランド・ボールルームでは
ビーチランド・ボールルーム
ビーチランド・ボールルーム
音楽の大サービスで、みんな自由に楽しめる

ビーチランド・ボールルームでは
ビーチランド・ボールルーム
ビーチランド・ボールルーム
調子はまさに上昇気流
レベルが下がるなんてありえないね

(訳:タイコウチ)
[PR]
# by songbysong | 2009-06-20 23:38
BLACK SHEEP


初めて聴いたときには、バート・バカラックなんかを思わせる60年代風ポップスの軽快なトランペットの調べやピアノの伴奏に、木もれ日を浴びながらボートで川下り、なんて光景を勝手に思い浮かべたりしていたのですが、歌詞を読んでみると、実はけっこうつらい内容です。

「黒い羊(black sheep)」とは、もともと群れの中ののけ者とか、厄介者というような意味があり、イギリスの古い童謡にもあります。さびで繰り返される’baa baa’というのは、日本語では「メーメー」という、いわゆる羊の鳴き声の擬音語です。ちなみに、この曲のギターソロは、童謡の「BLACK SHEEP」のメロディー(日本では「きらきら星」として知られているメロディーと同じ)をなぞっていることを、ファンの方の指摘で教えてもらいました。

作詞・作曲のクレジットは、スティーヴン・ラージ&グレン・ティルブルックの順番なので、作詞はスティーヴンの担当なのかと思いますが、あまりに救いのないこの歌詞の展開に、この爽やかでポップな曲調、聴いている私たちはいったいどう反応したらいいのか、なかなかに悩ましい歌です(笑)。

タイコウチ


「黒い羊」

草地へとさまよい出てはみたものの
どうしても眠ることができない
ぼんやりと立ちつくし、ただ思いをめぐらす
ぼくの人生、メーメー、メーメーとただ鳴くだけの羊
のけ者の黒い羊、メーメー、メーメー鳴いている
ひとりぼっちの黒い羊、メーメー、メーメー鳴いている

ときどき断られるのが怖くなって
自分自身を傷つけてしまう、深い傷ではないけれど
流れ出る自分の血を見て、しっかりしなければと言い聞かせる
そしてぼくの人生は遠ざかっていく、メーメーと鳴きながら
のけ者の黒い羊、メーメー、メーメー鳴いている
ひとりぼっちの黒い羊、メーメー、メーメー鳴いている

きのう見た太陽の光は素敵だった
大好きな太陽を見ると、ぼくの悩みも解決しそうな気がする
(太陽が大好き)でもこの足元がおぼつかない
太陽が大好き、それはぼく自身が選んだ生き方
今日はもう太陽がどこかに隠れてしまったみたいだ

(訳:タイコウチ


初めて聴いたときには、バート・バカラックなんかを思わせる60年代風ポップスの軽快なトランペットの調べやピアノの伴奏に、木もれ日を浴びながらボートで川下り、なんて光景を勝手に思い浮かべたりしていたのですが、歌詞を読んでみると、実はけっこうつらい内容です。

「黒い羊(black sheep)」とは、もともと群れの中ののけ者とか、厄介者というような意味があり、イギリスの古い童謡にもあります。さびで繰り返される’baa baa’というのは、日本語では「メーメー」という、いわゆる羊の鳴き声の擬音語です。ちなみに、この曲のギターソロは、童謡の「BLACK SHEEP」のメロディー(日本では「きらきら星」として知られているメロディーと同じ)をなぞっていることを、ファンの方の指摘で教えてもらいました。

作詞・作曲のクレジットは、スティーヴン・ラージ&グレン・ティルブルックの順番なので、作詞はスティーヴンの担当なのかと思いますが、あまりに救いのないこの歌詞の展開に、この爽やかでポップな曲調、聴いている私たちはいったいどう反応したらいいのか、なかなかに悩ましい歌です(笑)。

タイコウチ


「黒い羊」

草地へとさまよい出てはみたものの
どうしても眠ることができない
ぼんやりと立ちつくし、ただ思いをめぐらす
ぼくの人生、メーメー、メーメーとただ鳴くだけの羊
のけ者の黒い羊、メーメー、メーメー鳴いている
ひとりぼっちの黒い羊、メーメー、メーメー鳴いている

ときどき断られるのが怖くなって
自分自身を傷つけてしまう、深い傷ではないけれど
流れ出る自分の血を見て、しっかりしなければと言い聞かせる
そしてぼくの人生は遠ざかっていく、メーメーと鳴きながら
のけ者の黒い羊、メーメー、メーメー鳴いている
ひとりぼっちの黒い羊、メーメー、メーメー鳴いている

きのう見た太陽の光は素敵だった
大好きな太陽を見ると、ぼくの悩みも解決しそうな気がする
(太陽が大好き)でもこの足元がおぼつかない
太陽が大好き、それはぼく自身が選んだ生き方
今日はもう太陽がどこかに隠れてしまったみたいだ

(訳:タイコウチ
[PR]
# by songbysong | 2009-06-19 04:02 | PANDEMONIUM ENSUES
Glenn ラジオインタビュー(映像)
Absoluteradio.co.uk

生演奏もあり!
[PR]
# by songbysong | 2009-06-17 16:48 | インタビュー
HAPPY DISPOSITION


この曲は、「MELANCHOLY EMOTION」と同様、グレンとクリス・ブレイドの共作で、クレジットでは、グレン&クリスの順番なので、グレンの作詞に、クリスが曲をつけたということではないでしょうか。内容的にも、ツアー三昧のグレンのふだんの暮らしと家族への思いがよくあらわれているように思います。ちなみに、タイトルの’happy disposition’というのは、「気楽で前向きな性格」というような意味です。

そういう日常の思いがストレートに綴られている歌詞のわりに、曲の印象はけっこうヘヴィーなのですが、実はこの曲のリズムとコード感、ストリングスやコーラスのアレンジなどは、ポール・マッカートニーがシャウトするビートルズの「HELTER SKELTER」から来てるんですよね。でも、一聴してそれほどあからさまにそうとは感じられないのは、原曲(?)を特徴づけているノイジーでメタリックなギター(ベースとドラムスもうるさい)の音が、この曲ではやや控えめに抑えられているからだと思われます(それでもグレンの曲としてはうるさめですが)。後半のアレンジは、「I AM THE WALRUS」あたりの雰囲気もあり、ビートルズ・ネタでけっこう楽しく遊んでいる印象があります。ストリングスのアレンジは、ベースのルーシーによるものです。

タイコウチ


「気楽にいこう」

アトランティスから来た男のようには泳げない
料理をしてもかえってきみに迷惑をかけてるみたい
いろんなところで撮った記念撮影には
ふたりいっしょの写真がほとんどない

オーストラリアのクイーンズランド国立公園で
ギアをローに入れてゆっくり走っていたら
湖のそばに涼しそうな日陰を見つけた
これから何週間か、ここを我が家としよう

テントを張って、椅子やコンロやテーブルを準備する
闇の中、目を楽しませてくれるのは
夜空のワイドスクリーンに浮かぶ
南十字星と天の川

三ヶ月後、ロンドンに戻ってきたぼくたちは
ちょうど地球の裏側から帰ってきたというわけだ
こちらは冬になり、霧雨が降っているけど
かわいい息子や娘といっしょにいられるのがありがたい

子どもたちと過ごせる時間は刻々と過ぎていくが
今日が何曜日かなんて気にせず、ただ毎日を楽しむだけ
ひとつ屋根の下、みんなで暮らす
でも明日になればまたぼくたちは離ればなれになる

夜空を汚すよけいな明かりは何もない
ぼくには特にすることもない
今宵この我が家で
きみとふたりでいっしょに過ごす

ぼくには特にすることもない


* 「アトランティスから来た男」(The Man from Atlantis)は、昔のTVドラマのタイトル。

(訳:タイコウチ)
[PR]
# by songbysong | 2009-06-16 19:45 | PANDEMONIUM ENSUES
SHE MAKES ME
実は、このアルバムの中で、訳すのにいちばん悩まされたのがこの曲でした。ストーリーがあるようなのですが、いくら考えても前後のつながりがいまひとつすっきり見えないという、まさに「Don't make me breakdown」です(笑)。

ですが、わからないままに字面だけを日本語に置き換えるのもなんだか気持ち悪いので、思いきって少しだけ(思いきってとはいっても、ほんの少しだけですが・笑)私の解釈を補って訳してみました。

(私の解釈による)ストーリーを簡単にまとめると、語り手は、ニューヨークで不思議な魅力を持つ年上の女性に出会い、意気投合してドライブにでかけるのですが、途中でどうも彼女の様子がおかしいことに気づきます。でも時すでに遅しで、彼女のせいで何らかのトラブルに巻き込まれ、最終的に2人とも州境の検問所で警察に捕まってしまいます。あとでわかったのは、彼女は元映画女優で、神経衰弱が原因で早くに引退し、その後入所していたノースカロライナの施設から逃げ出してきていたところだった、というものです。

クレジットは、サイモン・ハンソン&グレン・ティルブルックなので、おそらくこの歌詞は、「RELENTLESS PURSUIT」と同様に、ドラムのサイモン・ハンソンのペンによるものと思われます。

タイコウチ


「彼女のせいでぼくは…」

彼女と出会ったのはニューヨーク
ちょっと変わった年上のかわいい女
日焼けした顔に浮かぶ微笑みがとても素敵で
ぼくはもういきなり彼女の虜になった
でもうまくいったのは2日目まで
それでも彼女こそぼくの理想の女だと思っていた

ぼくたちは車で旅に出ることにした
彼女が心の病にかかっているとは知らなかった
彼女の手を握りながら、スピードを落とさなければならなかった

彼女の様子を見てるだけで
ぼくは神経が参ってしまう
彼女のせいでぼくは神経が参ってしまう
ひざまずいたぼくは、彼女に頼み込む
どうかぼくを落ち込ませないでおくれ

ショッピングセンターの駐車場に転がり込んだ
たぶんぼくたちはもともといっしょになる運命にはなかったんだ
そんなぼくの弱気を嗅ぎつけると、彼女はかえって強気になった

すると小型トラックに乗ったあご髭をのばした男に言われた
「あんたたち、運に見放されたような顔をしてるな」
この男なら困り果てたぼくたちを助けてくれるかもしれない

彼女の様子を見てるだけで
ぼくは神経が参ってしまう
彼女のせいでぼくは神経が参ってしまう
ひざまずいたぼくは、彼女に頼み込む
どうかぼくを落ち込ませないでおくれ

州境の検問所で州警察が待ちぶせていた
ジョージアにはどうやらほんとに悪魔がいるらしい

彼女は映画スターになったはいいが
ひどい神経衰弱になって引退し
ローリーだかダラムの施設で隠遁生活を送っていた

どうかぼくを落ち込ませないでおくれ


* ローリー(Raleigh)、ダラム(Durham):ともに米国ノースカロライナ州の都市

(訳:タイコウチ)
[PR]
# by songbysong | 2009-06-14 11:44 | PANDEMONIUM ENSUES
MELANCHOLY EMOTION
2006年の来日公演でもすでに、パソコンに入った音源をバックにして歌われていたこの曲は、ソロになってからのグレンとの共作曲も多い、クリス・ブレイド(Chris Braide)との作品です。クレジットでは、グレン&クリスの順番なので、かつての「UNTOUCHABLE」と同様に、グレンが作詞で、クリス・ブレイドが作曲ということだと思われます。

この曲も、一聴したポップな雰囲気とは違って、歌詞の内容は、古い友人(かつての音楽仲間?)が、酒に酔って川に落ち、突然亡くなってしまい、その葬式に出てきた帰りの飛行機の中で、語り手は憂鬱な気分に襲われているというものです。

友人の早すぎる死をきっかけに、自分の生の来し方行く末に思いをめぐらすという、苦い後味のする大人のポップソングだと思います。

タイコウチ


「憂鬱な気分で」

これまでの人生、いったい何を手にしてきたのかと考える
なんとか生き抜いてきたが、そうでない仲間も多い
安全ベルトを締めて、飛行機の離陸に備える
憂鬱な気分で

眼下の街並がもう懐かしく思えてくる
機内食のチョイスはどれも好みじゃない
赤ワインを一杯食事にあわせて頼む
憂鬱な気分で

白馬に乗ってパッカパッカと走っている
ぼくの首が誰かに狙われているなんて
どういうことなんだ、こんな夢早く終わりにしてほしい
憂鬱な気分で

はっとして目覚め、ふいに思い出す
きみに何が起こったのかを
酒に酔って
川に落っこちてしまうなんて
きみは一気に水底まで沈んでしまった

きみが欺いた奴らも許してくれたし
盗用した詩のことはもう気にする必要はないのさ
あのときはみんなで笑ったが、今は悲しんでいる
憂鬱な気分で

振り返ってみてもしょうがない、ただ前に進むだけ
きみは先に逝ってしまったが、いつまでも忘れないよ
こうしてさよならを言いながらも、きみとの別れをまだ惜しんでいる
憂鬱な気分で

(訳:タイコウチ)
[PR]
# by songbysong | 2009-06-12 00:59 | PANDEMONIUM ENSUES
INTEREST & LOVE
ヴァネッサ・パラディとのデュエットも一部で話題になっている(?)この曲は、前作「TRANSATLANTIC PINGPONG」の中の「HOSTAGE」の直系とも言えそうな、馬鹿男の「役立たずの王様」(the king of fuck all)を痛烈に批判し、虐げられる女性に共感を寄せる歌です。

男としては、読んでいるだけでこれは自分のことかとはらはらするような辛辣な歌詞ですが(爆)、「愚鈍さでは誰にも負けないと履歴書にもちゃんと書いてある」(He’s at the cutting edge of dull it’s there on his C.V.)なんて、ほんとに痛快な表現で、思わず拍手を送りたい女性ファンもいるのでは。えっ、こんな馬鹿な男とはつきあってないって? いや、どうも失礼しました(笑)。ともかく、男の眼から見ても、たしかにこういう困った男はいるものです。

最後の「もう誰かいいかげんに明かりを消してくれないかしら」(Somebody please turn off the light)という一節が、またエンディングにふさわしい決め台詞になっていると思います。

タイコウチ


「関心と愛情」

そこに誰かいたなら、気まずくて自分の顔をまともに見ることもできないはず
しかし恥を知らないこの男、自分が育てる子どもたちさえ邪魔に思える
かつては夢もあったが、いつだって野心の方が自分の能力を追い越してしまう
ようやく気づいて、これまでずっと逃れようとしていた仕事にしがみつく

相手に対する関心と愛情があればちゃんとやれるはずなのに
理解しようとする気持ちがあれば簡単なことなのに
口答えをしちゃいけない、あの男は機嫌を損ねてすぐけんか腰になるから
役立たずの王様はいつだっていらついている

やがて時代の規範も変わり、恨みと失望がしみ込んでくる
嫌みな皮肉と昔ながらの体罰で、なんとかこれまで牛耳ってきたが
面倒が大きくなると、もう自分が抑えきれなくなる
火に油を注ぎ、何でも人のせいにするのがこの男の悪い癖

相手に対する関心と愛情があればちゃんとやれるはずなのに
理解しようとする気持ちがあれば簡単なことなのに
口答えしてはいけない、あの男は機嫌を損ねてすぐけんか腰になるから
役立たずの王様はいつだっていらついている

誰もがへつらう役立たずの王様、気まぐれでルールを決める
自分では頭が切れると思っているが、残念ながらかなりのお馬鹿さん
愚鈍さでは誰にも負けないと履歴書にもちゃんと書いてある
ビールの口を開け、尻を掻きながら、テレビに向かって大声でどなる

相手に対する関心と愛情があればちゃんとやれるはずなのに
理解しようとする気持ちがあれば簡単なことなのに
役立たずの王様はいつだっていらついている
もう誰かいいかげんに明かりを消してくれないかしら

(訳:タイコウチ)
[PR]
# by songbysong | 2009-06-10 20:37 | PANDEMONIUM ENSUES
RELENTLESS PURSUIT
この曲は、ドラムのサイモン・ハンソンとグレンの共作で、クレジットではサイモンが先に来ているので、おそらくサイモンの作詞で、グレンが作曲という組み合わせなのではないでしょうか。

ビーチボーイズ風の明るくポップなコーラスで始まるこの曲ですが、タイトルにもなっている「飽くなき探求」(relentless pursuit)とは、人間がお金(経済性)ばかりを追い求めることのメタファーのようで、あまり明るい内容の歌ではありません。この曲に限らず、このアルバムでのメンバーとの共作曲は、曲調のイメージと歌詞の内容に、良くも悪くもギャップが感じられて、なんだか不思議な感じがします。

タイコウチ


「飽くなき探求」

たったひとりの招待客のためにパーティーを開く
飽くなき探求、昔は楽しめたんだけど
いったい何がきっかけでこんなことになったのか
飽くなき探求、あんなに夢中だったのに
忍び足で問題を避けることばかり考えている
いつもあやふやなままで
ぼくの善意の預金は危機的な残額だけど
それは他のだれのせいでもない

きみにはいわゆる摩訶不思議な魅力がある
ただの水をワインに変えてしまう
ふたりの愛情と信頼の関係ではきみが上手
そしてあとはもう時間の問題

ハロー、ハロー、誰が戻ってきたのかな
飽くなき探求、古くからのぼくの親友
思いつきはたくさんあるが、ひとつもまともなものがない
飽くなき探究、決して手に入らない聖杯
木を揺らせば上から落ちてくるものなのかな
どうすれば真実を知ることができるだろう
ぼくたちはここで何を手に入れたのか
つかのまの喜びも新たな日々の雑用になってしまった

景気、不景気と大騒ぎしてもしょうがない
どうせみんなくたばってしまうのだから

誰もが元気でやっている

そしてあとはもう時間の問題

(訳:タイコウチ)
[PR]
# by songbysong | 2009-06-10 01:16 | PANDEMONIUM ENSUES
STILL


1月の来日時にも毎回のように演奏してくれたこの曲は、まさにシングルにふさわしいポップな名曲です。しかし(というべきか)、この歌の内容は、やはりグレンと奥さんのスザンヌの関係を歌ったものなのでしょうね。極甘ののろけソングのようにも聞こえます(笑)。

うまいなあと思ったのは、「きみに会えるとなればいつだって/ぼくのスケジュール帳には窓が開くように空白ができた」(Windows would appear in my diary /If there was a chance of seeing you)という部分です。ちょっとしたアニメーションの映像が頭に浮かび、歌い手が彼女に夢中になっていく様子が手にとるようにわかります。

2番の歌詞は、演劇の舞台をモチーフにした内容ですが、マラプロップ夫人というのは、リチャード・ブリンズリー・シェリダンの戯曲『恋がたき』(The Rivals,1775年)の登場人物で、発音のよく似たことばを言い間違えてしまう癖のある女性の名前だそうです。例えば、「He is the very pinnacle of politeness(彼はまさに礼儀正しさの極地だわ)」と言うべきところで、「He is the very pineapple of politeness(彼はまさに礼儀正しさのパイナップルだわ)」というような言い間違いのセリフがあるそうです。スザンヌさん、実は「言いまつがい」が多いのでしょうか(笑)。

タイコウチ


「今でもまだ」

運命のいたずらか、それとも茶葉占いで決まっていたのか
あるいは星に打たれたのか、ともかくぼくらは互いに夢中になった
きみほど素敵な人はいないとぼくには思えた
自立心があって、てきぱき有能で、熱意にあふれるきみのこと
ぼくはあらゆる手段を使って調べあげた
きみに会えるとなればいつだって
ぼくのスケジュール帳には窓が開くように空白ができた

ぼくらは、引き算じゃなく、足し算の関係
ふたりいっしょになれば魅力も倍増、カオスやドラマがなくたって平気
きみをひと目見るだけで、ぼくの魂は空高く駆け上がる
ぼくとマラプロップ夫人、ほれぼれするような姿で舞台に登場
ぼくらに降りかかるたいていの問題は愉快に笑いとばせる
今でもふたりのあいだにきらめくこの火花を
抱きしめていられるこの幸せ
今でもまだ…

きみはぼくを愛してくれるけど、ときには耐えかねて
ぼくのことを気絶するほど殴ってやりたいと思うこともあるはず
でもぼくの器用さが重宝することだってたまにはあるさ
ぼくがかんしゃくを起こして、口喧嘩になることもあるけど
胸の鼓動が速まるのは、きみのせいなんだ
ぞくぞくするほど興奮すると言ったって決して大げさじゃない
今でもまだ…

(訳:タイコウチ)
[PR]
# by songbysong | 2009-06-06 13:47 | PANDEMONIUM ENSUES