スクイーズ、グレン・ティルブルック、クリス・ディフォードの楽曲を語るブログ
by songbysong
当ブログ上の情報、記事の全文または一部の無断転載および配布を固く禁じます。
(C) 2008 THE MUSIC PLANT


●SONG BY SONG執筆者
☆野崎洋子
THE MUSIC PLANT代表。66年生まれ。グレンの2005/06年のプロモーター、「Incomplete Glenn Tilbrook」を発売。実は2004年以前はスクイーズのスの字も知らなかった。現在はクリス・ディフォードのCDも担当。

☆タイコウチ
mixiのクリス・コミュ管理人。63年生まれ。スクィーズとの出会いは、もはや4半世紀をさかのぼるが、FMラジオ(DJは佐野元春さん)で「Vicky Verky」を聴いたとき。

☆当ページでは投稿者を募集しております。投稿してくださる方はどしどしメールください。


●関連商品
Pandemonium ensuesTransatlantic Ping Pong

Incomplete Glenn Tilbrook

South East Side Story

One For The Road



●関連リンク
THE MUSIC PLANT HOME
グレン・ティルブルック
クリス・ディフォード
Glenn Tilbrook
Chris Difford
Squeeze
英文歌詞はこちら
One For The Road

カテゴリ
全体
SQUEEZE
COOL FOR CATS
ARGYBARGY
EAST SIDE STORY
SWEETS FROM A STRANG
DIFFORD AND TILBROOK
COSI FAN TUTTI FRUTT
BABYLON AND ON
FRANK
PLAY
SOME FANTASTIC PLACE
RIDICULOUS
DOMINO
INCOMPLETE GLENN TIL
TRANSATLANTIC PING P
PANDEMONIUM ENSUES
I DIDN'T GET TO WHER
B SIDES AND OTHERS
インタビュー
メッセージ
未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ツアーが始まりました!
昨日無事グレンはヒースローを出て今日成田に到着します。ツアーレポートはこちらをご覧ください。

それにしても今回のsong by songのブログはタイコウチさんにすっかりお世話になりっぱなし。まったく自分では書く余裕がなかったのでちょっと残念ですが、とにかくツアーの方を精一杯頑張ります。皆さんも風邪をひかないよう、各ライブ会場でお会いしましょう。
[PR]
# by songbysong | 2009-01-08 07:36 | メッセージ
STILL
「今でもまだ」

これは運命のいたずらか、それとも茶葉占いで決まっていたのか
あるいは星に打たれたのか、ぼくたちはお互いに夢中になってしまった
とにかくきみのことが素晴らしいとしか思えなかった
自立心があって、てきぱき有能で、熱意にあふれるきみのこと
ぼくはあらゆる手段を使って調べあげた
ぼくのスケジュール帳には窓が開くように空白ができた
きみに会えるとなればいつだって

ぼくたちは、引き算じゃなく、足し算の関係
ふたりいっしょになれば魅力も倍増、カオスやドラマがなくたって平気
きみをひと目見るだけで、ぼくの魂は空高く駆け上がる
ぼくとマラプロップ夫人、ほれぼれするような姿で舞台に登場
ふたりに降りかかるたいていのことは愉快に笑いとばす
今でもふたりのあいだにきらめくこの火花を
抱きしめていられるこの幸せ
今でもまだ…

きみはぼくを愛してくれるけど、ときにはぼくに耐えかねて
気絶するほど殴ってやりたいと思うこともあるはず
でもぼくの器用さが重宝することだってあるだろう
ぼくがかんしゃくを起こして、口喧嘩になることもあるけれど
胸の鼓動が速くなるのはきみのせいなんだ
ぞくぞくするほど興奮すると言ったって決して大げさじゃない
今でもまだ…


*「マラプロップ夫人」というのは、ウィキペディアによると、リチャード・ブリンズリー・シェリダンの戯曲『恋がたき』(The Rivals,1775年)の登場人物で、発音の似たことばを言い間違える癖のある女性の名前です。例えば、「He is the very pinnacle of politeness(彼はまさに礼儀正しさの極地だわ)」と言うべきところで、「He is the very pineapple of politeness(彼はまさに礼儀正しさのパイナップルだわ)」と言うように。

(訳:タイコウチ)
[PR]
# by songbysong | 2009-01-08 07:33 | PANDEMONIUM ENSUES
SLIGHTLY DRUNK
初期のアルバム「COOL FOR CATS」から、いかにもパンク/ニューウェイヴっぽい艶やかキーボードのイントロで始まるこの曲は、意外なことに、最近リリースされた2枚のアルバムでも聴くこともできます。2008年に再発された「ARGYBARGY」のデラックス版では、1981年のライヴ・ヴァージョンを聴くことができるし、再結成後のアメリカ・ツアーのライヴ盤「FIVE LIVE」でも、再演されています。2つのライヴを聴き比べると、四半世紀を過ぎて、この曲の最新ヴァージョンはテンポがかなり落ちているのがなんとも…(笑)。これまでのグレンの来日ソロライブでも、何度か歌われているので、ベスト盤に入るようないわゆる有名曲・人気曲ではないにせよ、グレン個人はけっこう気に入っている曲なのではないかと思います。

タイコウチ



「またちょいと酔っぱらって」

またちょいと酔っぱらって
ペンを片手にひとりぼっち
きみに手紙を書こうとしてたんだ

今の気持ちをどう言ったらいいのか
きみとの約束を
昨日の夜は守れなかった

体が震えるのは風邪を引いたせい?
目は覚めているはずなんだけど
そう大丈夫だ、と自分に言ってみる

間違っていたのはぼくで、きみが正しかった
(うまく言えなかったせりふ)
ぼくはさよならと言えなかった
(嘘をついた理由を説明したくて)
どうしていつもこんな気持ちになるんだろう
(きみの言葉に、ちょっと酔っぱらって)
また恋に落ちてしまった
(きっとまたみじめな結果に終わる)

すごく寂しいけど、だからどうだっていうんだ
平気なはずが、そうでもない
またわけがわからなくなってる

きみに愛されてしまって、すべてがこんがらがって
きみの愛なしではとてもつらい
ぼくの心が救いを求めて泣いている

ちょっと話しただけでも腹が立ってしまう
とりわけ旅に出ているときは
またきみのもとへ帰ってきたよ

またちょいと酔っぱらって
友だちもいなくてひとりぼっち
認めるよ、たしかに嘘をついた
ほんとにぼくはだらしがない
この気持ちなんて言ったらいいのか

(訳:タイコウチ)
[PR]
# by songbysong | 2009-01-07 09:36 | COOL FOR CATS
I LEARNT HOW TO PRAY
1985年のアルバム「COSI FAN TUTTI FRUTTI」に収められたこの曲は、親友同士だった女性と男女の仲になってしまったことで、友情という名の何かが失われ、互いに傷ついてしまう結果になるという内容で、モチーフとしては、その後のアルバム「DOMINO」の「SLEEPING WITH A FRIEND」へと引き継がれています。ただし、「SLEEPING WITH A FRIEND」とは違って、この曲では、彼女にも語り手にも、互いに特定のパートナーがいたというわけではないようなので、単なる不倫的な関係の破局というよりも、もっと微妙な男女の機微が歌われているような気もします。

タイコウチ


「ぼくは祈ることをおぼえた」

彼女はぼくに優しくしてくれた
彼女の思いは率直で
何の偏見もなく
思いやりがあった
箱に入った古着を調べていく彼女の様子が
とびきり素敵なのは、親友なら誰でもわかるはず

彼女はぼくに優しくしてくれた
嘘をつかずにすむように助けてくれた
ぼくの言葉をきちんと聞いて
本当のことをわかってくれる
いちばんの友だちと恋に落ちたとき
ふたりの友情が終わってしまうなんて思いもしなかった

ぼくは祈ることをおぼえた
毎晩
心の奥深くにうずく
この痛みをいやすために

ぼくは額にしわを寄せ真剣に悩んだ
恋に落ちてしまったぼくは、いったいどうしたらいい?
いちばんの友だちと恋に落ちたとき
ふたりの友情が終わってしまうなんて思いもしなかった

ぼくが習いおぼえた教訓は、ふたりの問題を解決できなかった
火がついて、ぼくはやけどを負ってしまった
そしていちばんの友だちと恋に落ちたとき
ふたりの友情が終わってしまうなんて思いもしなかった

(訳:タイコウチ)
[PR]
# by songbysong | 2009-01-06 10:44 | COSI FAN TUTTI FRUTT
ROSE I SAID
アルバム「FRANK」からのこの曲は、以前紹介した「NO PLACE LIKE HOME」とほぼ同じ状況で、浮気のばれてしまった男が、妻にはげしく責められている歌です。かなり言葉数の多い歌詞ですが、グレンがたたみかけるように「危機的な状況(笑)」を歌いきっています。

クリスの書いた歌詞は、やはり細部の描写が面白く、とくに、最初に平手打ちされたときに食べていて、口からあたりに飛び散ったサンドウィッチが、2番の歌詞では、口に残っていた分をようやく飲み込み、さらに3番では、まだ歯にはさまっていたパンのかすを舌で取り除こうとしている、という連続性に妙なこだわりが感じられ、なんだか笑えます。あるいは、こういう真に「危機的な状況」においては、かえってそういう無意味な細部に気をとられてしまうという人生の真実が、見事に描写されているというべきでしょうか。

タイコウチ


「ローズ、とぼくは口にした」

彼女に平手打ちされた瞬間に、ぼくは思わず「イエス!」と叫ぶ
口の中のサンドウィッチがそこらに飛び散る
彼女は竜巻のように立ち去り、ドアは当然のごとくバタンと閉められる
わけもわからずキッチンに立ちすくむぼく
彼女の足音がドシンドシンと階段を上がっていく
猫がリビングの椅子の下へ逃げ込む
でも何が問題なのか、いったい何が悪かったのか
顔を引っぱたかれるような理由なんて全然思いつかない

ローズ、とぼくは口にした
僕たちのしてることなんて誰にもばれないさ
ローズ、とぼくは口にした
橋の下に水は流れるというじゃないか
ローズ、とぼくは口にした
これがほんとの恋なのかは神のみぞ知る
ローズ、とぼくは口にした
もう幕は下りて、台本を読む時間だ

ベッドのわきに行くと、涙を目にためた彼女が横になっている
タンスの引き出しは開けっ放し、服がそばに落ちている
部屋のすみには放り出したスーツケース
サンドウィッチを飲み込んだぼくは、彼女の靴を拾いあげる
女優のように振り返りざま彼女がぼくをにらみつける
いったいどうしたんだよ、今日ぼくが何をしたというんだ
彼女は通り向かいに住む女の子の名前を吐き出すように言う
鼻をふくらませた彼女の様子を忘れることはできないだろう

ローズは、通勤途中にたまに車で送ってやってるだけ
法律事務所の研修生なんだ
何回か街のパブでお昼をいっしょに食べたことはあるけど
ただの友だちで、何も特別な関係じゃないんだ
もちろん彼女のことは嫌いじゃないけど、それだけなんだ
ぼくは茫然自失としてベッドサイドに佇む
彼女は今日会った女友だちに全然違うふうに聞いていた
ぼくと彼女が裏通りでキスしてるのを見たって

ぼくはまるでジキルとハイドじゃないか
今度こそ自業自得だ
ぼくは歯にはさまったパンを舌でほじくる
窓辺から通りをはさんで彼女の家が見える
罪悪感はあるが、嘘をつきとおそう
どうせたいした違いはない
ベッドで泣く彼女を残し、ぼくはうなだれて部屋を出る
もう幕は下りてしまったんだ
舞台のそでにワンピースを着たかわいいローズが立っている

(訳:タイコウチ)
[PR]
# by songbysong | 2009-01-06 10:28 | FRANK
OBSERVATORY
グレンの最初のソロアルバム「THE INCOMPLETE TILBROOK」(2001年)に入っている「OBSERVATORY」は、エイミー・マンとの共作で、彼女の「LOST IN SPACE」(2003年)の2枚組限定盤では、エイミーとグレンのデュエット・ヴァージョンも聴くことができます。ついでながら、エイミーのヴァージョンとグレンのヴァージョンでは、若干歌詞が違っています。前回来日したときのグレンの話では、この曲は基本的にエイミーの書いた詞に、グレンが曲をつけたのだそうですが、何となく歌いにくいところがあって、自分が録音するときにはあとから歌詞を少し変えてたのだそうです。

結婚している女性と恋に落ち、天体観測所でデートを重ねていた男が、終わりを予感しつつ、ふたりの関係を振り返る、そんな内容です。天体観測所でのデートの様子は、ちょっとした映画の一場面のように光景が浮かびますね。

スクィーズとエイミー・マンと言えば、アルバム「RIDICULOUS」の「DAPHNE」(クリスのエイミーに対する横恋慕)を思い出しますが、もしかしてクリスは、エイミーと天体観測所に行ったことがあるのか、妙に気になってきました(笑)。

タイコウチ


「天体観測所」

彼女には結婚している相手がいて
ぼくは寂しいひとり暮らし
たぶん最初から勝ち目のない勝負だったのだろう
そんなわけでぼくたちは出会い、時計の針を動かしはじめた
それが何かの役に立ったかって?いや何も
こんなふうになるとはわかっていたつもり
そして今、傷ついたふたりが話し出すのを見守っている

でも少なくともぼくたちは冷静でいられた
大きな天体観測所に向かう道すがら
そこでは空高くつるされた惑星を見やり
2階ではあたりをめぐる小さな星々を眺める
ぼくたちがたどりついたのは
光輝く月がだんだんと欠けていくのが見れる部屋
ぼくに見込みがないのはわかっていたけど
少なくともぼくたちは冷静だった

楽むことは楽しんだが、いざ
ことが終わってしまえば、そこに愛があったとは認めたくない
そして、いったい何を考えていたんだろう、なんてうそぶいてみる
ぼくたちが夜空を見上げたあの部屋には
相変わらず望遠鏡の覗き窓が備えつけてあるのだろう
もうきみの友だちとは会えないんだろうな
ぼくたちの関係はもう行き詰まってしまったから

でも少なくともぼくたちは冷静でいられた
大きな天体観測所に向かう道すがら
そこでは空高くつるされた大きな惑星を見やり
2階ではあたりをめぐる小さな星々を眺める
ぼくたちがたどりついたのは
光輝く月がだんだんと欠けていくのが見れる部屋
ぼくに見込みがないのはわかっていたけど
少なくともぼくたちは冷静だった

彼女には結婚している相手がいて
ぼくは寂しいひとり暮らし
たぶん最初から勝ち目のない勝負だったのだろう

(訳:タイコウチ)
[PR]
# by songbysong | 2009-01-05 09:52 | INCOMPLETE GLENN TIL
THIS ROAD
一般のファンにとっては(私もそうです)、2008年に出たグレンのデモテイク集「IN THE SKY ABOVE」、あるいは「RIDICULOUS」のリマスター盤のボーナストラックとして初めて耳にすることになったスクィーズの未発表曲「THIS ROAD」ですが、実は、1996年のアメリカ映画「THE TRUTH ABOUT CATS AND DOGS」のサントラに収録されていたようです。映画の中で実際に使われているかどうかは不明です。

1995年のアルバム「RIDICULOUS」のアウトテイクということですが、一聴して驚いたのは(正確には、1回目で「あれっ?」と思い、2回目で「へえ!」と確信しました)、若干の節回しの違いはあるものの、曲全体の構造が「ELECTRIC TRAINS」と瓜ふたつなのです。

これは推測ですが、クリスからフランシス・ダネリーの手に渡っていた「ELECTRIC TRAINS」の歌詞を、グレンが取り戻したところで、いったんは録音していたものの、たぶんいまひとつなできに満足できていなかった「THIS ROAD」の骨組みを借りて、新たな歌詞で作り直してみたのがスクィーズ版の「ELECTRIC TRAINS」ということなのではないでしょうか。

そう考えると、この「THIS ROAD」と「ELECTRIC TRAINS」の聴き比べはいっそう面白いのですが、歌詞もメロディも演奏も、すべての点で「ELECTRIC TRAINS」の方が勝っているのは、しょうがないですね(笑)。

ちなみに、この歌の恋人たちが最後に踊りながら歌う「私は思うがままに生きてきた(I did it my way)」という一節は、フランク・シナトラで有名なあの「MY WAY」からの引用ですね。

なお、この歌詞は、公式のものが発表されていないので、squeezefan.comのsongbookにある聴き取りの歌詞を参考にしているので、不正確なところがあるかもしれません。

タイコウチ


「この道はふたりの旅路」

彼女は部屋のテーブルに腰をかけ
彼はケーブル・テレビのチャンネルをあちこち変えながら
ふたりは囁き声で愛について話す
古ぼけたトランジスタ・ラジオから聞こえてくるような声

(愛について語る)
真剣な口調で愛について電話で話し込む
(愛について語る)
ふたりの誇りをかけた愛は、浮き沈みのあるローラーコースターのよう
(愛について語る)
この道は生涯にわたってつづいていく

非の打ちどころのないふたりの関係
限りなく燃え上がる情熱
心の平安とともに人生を探し求める
積み上がる愛に限界はない
熱い吐息を重ねる
もうコントロールを手放すまであとわずか

日ごと新たな問題もあらわれるが
ふたりの誓いが消え去ることはない

彼女はあふれるグラスを手にして座る
彼はチャンスがふくらんできたのを知る
家に着いたふたりは車を降りてダンスを踊る
恋人たちは歌う「私は思うがままに生きてきた」

(訳:タイコウチ)
[PR]
# by songbysong | 2009-01-04 15:36 | B SIDES AND OTHERS
WHAT THE BUTLER SAW
この曲は、もとはシングル「PULLING MUSSELS (FROM THE SHELL)」のB面で、これまでアルバム未収録だったのですが、最近はベスト盤「THE BIG SQUEEZE」や「THE SQUEEZE STORY」、今年出た「ARGYBARGY」のデラックス版などで聴くことができるようになりました。グレンとクリスにとっては、けっこう自信作だったようですが、アルバム「ARGYBARGY」の制作時には、マイルス・コープランドの意向により、アルバムからはずされてしまったそうです。後知恵かもしれませんが、ビートポップ色の強いあのアルバムでは、たしかにちょっと浮いてしまったかもしれません。

歌詞の内容は、いかにも「映画的」というか、ポップソングとしてはあまりない、いつの時代か、どこかのお屋敷で起きた事件のお話です。主人が欲深い愛人を諍いのはずみで殺してしまい、その後始末をするはめになった執事の姿を描いています。

タイコウチ


「執事が目撃した事件」

明かりの明滅する廊下をゆっくりと進む
片方の目にはビロードの眼帯
男が一歩進むごとに床板がずれてきしみを上げる
現実にまつわる真実を作り上げようと案を練る
しかし彼の執事がドアの穴からこっそり覗いている
この執事の目から逃れることはほとんど不可能

フランチェスカは長椅子に寝そべっている
ふたりは激しい言い争いをする
やがて彼女の肉体がわしづかみにされ
目の前でドレスのファスナーがはじけ飛ぶ
彼女の手袋をした彼の手が彼女の首を締め上げる
ポート酒とブランディを混ぜた愛のカクテル

玄関の明かりと懐中電灯の明かり
霜の降りた朝の芝生
やがて朝の光がマントとなって覆い隠すのは
執事が目撃した事件の結末

彼には自分だけの世界があり
ベルトの内側にしっかり隠していた
しかし彼女はそのベルトをはずしたがり
彼の財産を享受したが、楽しみを知ることはなかった
彼の声がかすれているのはオペラと酒のせい
執事はまだ彼のために忙しく雑用をこなしている

執事は、マントに包んだフランチェスカの死体を
湖まで引きずって運ぶ
どんな探偵もこの痕跡を見つけることはできないだろう
あの老人は正気を失い、震えている
影と足跡と点滅する明かり
執事は夜中まで冷徹な目をして起きている

玄関の明かりと懐中電灯の明かり
霜の降りた朝の芝生
やがて朝の光がマントとなって覆い隠すのは
執事が目撃した事件の結末

(訳:タイコウチ)
[PR]
# by songbysong | 2009-01-01 01:04 | B SIDES AND OTHERS
FOOTPRINTS
1987年のアルバム「BABYLON AND ON」に収録されたこの曲も、ライヴでは定番曲の1つで、2007年の再結成後のツアーでも演奏されています。最近出た「BBC SESSIONS」にも入っていましたね。

さて、歌詞の方は、いつものネタ帳(笑)「SQUEEZE: SONG BY SONG」によると、当時病的な浪費癖のあったクリスの自伝的な告白となっているようです。金に飽かして羽目を外した夏が過ぎ、ふところ寂しく冬を迎えようとしている歌い手の心象を、「(夏の)浜辺に残した足跡に、(冬になった)いまでは霜が降りている」というサビのフレーズが鮮やかに表わしています。

タイコウチ


「浜辺の足跡」

調子に乗ってすっかり散財してしまった
手元に残ったのはほんのわずかのお金
ずいぶんパーティーを開いたし、暇もありすぎた
すっかり怠け癖がついて、支払いも滞っている

もう夏も終わり、そろそろつけが回ってくる季節
浜辺に残した足跡に、いまでは霜が降りている
もう夏も終わり、そろそろつけが回ってくる季節
浜辺に残した足跡に、いまでは霜が降りている

僕たちは互いの心奥深くに傷跡を残した
パーティーはもう終わり、家に帰る時間
大聖堂は空っぽで、家には誰もいない
冬が近づき、楽園の到来は先延ばし

もう夏も終わり、そろそろつけが回ってくる季節
浜辺に残した足跡に、いまでは霜が降りている
雨は降りやまず、みんなは途方にくれている
浜辺に残した足跡に、いまでは霜が降りている

いろんな人に電話をかけて、何マイルも歩きとおした
「フリントストーン」を見て、ダイアルを回し
ビートを感じる新しいラジオ局を探した
そんな毎日も終わり、冬が始まろうとしている

もう夏も終わり、そろそろつけが回ってくる季節
浜辺に残した足跡に、いまでは霜が降りている
傘をさした人たちが霧の中に消えていく
浜辺に残した足跡に、いまでは霜が降りている

(訳:タイコウチ)
[PR]
# by songbysong | 2008-12-31 14:12 | BABYLON AND ON
CIGARETTE OF A SINGLE MAN
スクィーズのアルバムとしては珍しくアメリカ仕様(?)となっている「BABYLON AND ON」(1987年)のなかでは、どちらかというと地味な曲かもしれませんが、「CIGARETTE OF A SINGLE MAN」は、ユーモアのある歌詞に、親しみやすいメロディがついた佳曲と言えるのではないでしょうか。煙草を小道具にして、独り身の男のかもしだす哀愁が軽やかに描かれています。

一人でバーのカウンターに腰かけて、旅行の計画を練ってはみるものの、連れがいなければ遠出する気にもならない、なんて描写がうまいなあと思います。

タイコウチ


「独身男の吸う煙草」

独身男の吸う煙草が
ベッドわきの灰皿でくすぶっている
もう1本缶ビールの口をあけ
自分の頭の高さにかかげる
読みさしの本は床の上
前にも何度か読んだ本だ

家に帰ったからって、いったい何をするというのか?

独身男の吸う煙草が
バーの灰皿にたまっている
カウンターに腰かけて、あれこれ旅行の計画を吟味するが
一人ではそう遠くまで行く気にならない
やはり愛する女性が必要だ
助けてくれるような人がいるならば、の話だが

独身男の吸った煙草が
わきの排水溝に落ちている
いまや彼も迷える一匹の子羊
群れから離れすぎてもう戻れない
でも彼としては意外とお気楽
歯を食いしばりみんなが耐えている面倒がないのだから

やがて眠りにつく彼の口には
独身男の吸う煙草がはさまれている

(訳:タイコウチ)
[PR]
# by songbysong | 2008-12-30 12:34 | BABYLON AND ON